(すりこみ)

子供が生まれるとすぐ教育をするのは人間ばかりではありません。
それどころか、人間顔負けの、しっかりした”家庭”教育をしている動物もいます。

人類は万物の霊長などと威張っていますが、こと、子供の保育に付いては、決して大きな顔は出来ません。

例えば、オオワシの子育てがそのいい例です。ヒナがかえると、すぐ教育を始めます。
ヒナは”先生”を見分ける本能を持って生まれます。自分より大きく、動いて、音声を発するもの(母鳥)が先生であることを知っています。


ヒナは母鳥のすることを、いちいち真似ようとします。先生の親鳥は片時もヒナのそばを離れようとしないで、子育てに専念します。

ヒナが大きくなって生きてゆくのに、どうしても身につけなくてはならないことを、繰り返し、
繰り返しして見せて、できるようにします。それを”すりこみ”(インプリンティング)というのです。


4週間もすると、”すりこみ”は完了。短期集中の教育です。そうすると、子は巣立ち、親は子離れをします。見事というほかありません。

(もっとも鳥の中にも、カッコウのように他の種類の鳥[ヨシキリ]の巣の中へ卵をうみつけ、
 子育てをさせているものもいます。
 どこか、一部の人間の親たちのしていることに似ていて苦笑します。)

オオワシなどに比べると、人間の子育ては、いかにも不徹底のように思われます。
しかし、これにはワケがあります。

人間の子は未熟児で生まれてきますから、”すりこみ”をしようにも、新生児はそれに応じることが出来ません。目はよく見えず、手足も思うように動かすことが出来ません。

インプリンティングは、当分の間、おあずけにならざるをえません。その間はただ、身体的発達、成長につとめることになりますが、そうしている間に、”すりこみ”の事は忘れてしまいかねません。

人間の育児の落とし穴です。
 (はじめのことば)→

←(家庭は学校)
 幼児の部屋  小学生の部屋  中学生の部屋  高校生の部屋  ママの部屋
   ポピー教材
 幼児・小学・中学
 ポピー・小学1年  ポピー・小学2年  ポピー・小学3年   小学生の部屋
 ポピー・小学4年  ポピー・小学5年  ポピー・小学6年
5年生ポピー教材
ポピー、小学4年生、家庭学習教材
ポピー3年生教材
2年生ポピー教材
小学1年ポピー教材
6年ポピー教材
ポピー教材・小学6年
ポピー教材・小学5年
ポピー教材・小学4年
ポピー教材・小学3年
ポピー教材・小学2年
ポピー教材・小学1年