BACK
 幼児の部屋  小学生の部屋  中学生の部屋  高校生の部屋  ママの部屋  リンクの部屋

「 そろそろ高校受験も近いし、勉強しなくちゃいけないと分かっているんですが、気まぐれな性格のためかなかなかやる気が出ません、どうしたらやる気が出るか教えてください。」

「 僕は何かきっかけがあるとすごいやる気が出るんですけど、2,3日したらだんだんやる気が無くなっていってついには勉強をしなくなるという気まぐれな性格です。

あと、自分の目標を達成出来ないほどのバカです。あと、少し自己中心的で、すごい負けず嫌いで、思ったことをなかなか言葉に出さず心にためる性格です。」





なかなか難しいご質問ですね。
 
まず、「やる気」の出ない原因ですが、気まぐれな性格が原因ではないと思います。
ひょっとすると、○○君もそのことには気付いているのでは?
だって、自分の性格をきちんと分析できるだけの能力を持っているのですもの。
 
ただ、バカはいけません。謙遜だとは思いますが、自分に向かってマイナスの言葉を投げかけるのはよくないです。目標が達成できないのも別の原因がきっとあります。(マイナスの言葉は自分を甘やかす原因になりますよ。)
 
「やる気」というのは、言葉を変えれば「目標を達成したいという気持」ですね。
この気持が強ければ強いほど「やる気」が強いということになるのです。
 
そこで、○○君にお聞きします。目標は何ですか?高校に合格することですか?
もしそうなら、どうしても入学したい高校はありますか?
 
もう少しお聞きします。将来やってみたい職業は何ですか?
そのためには大学までいくほうが有利ですか?また、それに伴う大学の学部は?
入学したい高校は、自分の将来の希望を満たしやすい高校ですか?
 
大事なのは、まず目標・目的を明確にすることです。そして、その目標は自分で決めることです。
自分で決めたほうが絶対にやる気が出ます。(あたりまえですが・・・。)
 
例えばAという目標を決めたなら(その目標も人生においては通過点である場合が多いのですが)その目標を達成するためにはどうすればよいか、Aを達成するためにBという目標を決める。

また、Bを達成するためにはCという目標が必要になるかもしれません。Aが大きければ大きいほど、また現時点よりも時間的に離れていればいるほどAを達成するための手段的目標は多くなりますね。
 
そうすることによって、自分の行動に一貫性が持てるようになります。すべてはAにつながっているということです。

何かのきっかけで「やる気」になって、2・3日でやめてしまうのは「目標」が自分にとってあまり意味を持っていないと感じているか、その目標を達成するための小さな目標(手段的目標)を作っていないからかもしれません。
 
ただ単に、「勉強しよう!」と思っても、何を使ってどのようにやっていくのかという具体的な計画がなければ、できるものではありません。それは、教科ごとに異なるかもしれませんしね。

目標を達成するためには、できるだけ具体的な計画(手段的目標)を立てるのがよいです。
負けず嫌いの○○君ならきっとできると思いますが、わからなければ、また相談してください。
 
思ったことをなかなか口に出せない(相手を気遣う優しい心の持ち主の)○○君、
目標を明確にし、自分に負けず頑張って前進してください。
 
また、気がめいったり、やる気が出なくなった時はいつでもメールください。



   どうしたら、自分で計画性を持って学習できるの?
     
飽き性ですが、どうしたら勉強が長続きするの?     
     
不登校の学習方法。
     
どうすれば、毎日勉強する習慣がつくの?
      短い時間でできる、効率のよい5教科の勉強方法・学習計画の立て方。
     
なかなか「やる気」が出ない。
      集中力をつけさせたい、やる気を起こさせたい。
     
勉強が手につかない。
     
学習意欲を持たせたい。