BACK

不登校になってもう1年。最初は外出も拒んでいましたが、いまでは友だちと町へ買い物などにいけるほどまで回復しました。

娘は同じ学年の子達に勉強が追いついていないのをすごく気にしているようです。
得意な科目は英語と国語(主に漢字や古典)です。本を読むのもだいすきで、最近は【枕草子】
【更級日記】【百人一首】を読み終えたところだそうです。

具体的な勉強方法をご指導願います。よろしくお願いします。



だいぶ回復されているようなので安心です。よかったですね。
 
このメッセージを読みながらある子を思い出していました。
 
以前、私が家庭教師をし、中1の2学期から中3まで教えていた一人っ子の女の子です。
何とか不登校にはならずに学校へは行っていたのですが、「学校なんかおもしろくないから、
行くのが嫌だ!」とよく言っていました。
 
かといって勉強が嫌いな訳ではないのです。小さい頃から本をよく読んでいる為か、やはり英語と国語が得意でした。では、学校のどこが嫌なのか?話が友達と合わないのです。

友達の話すことが幼稚に思えて、そんな友達と話を合わしている自分が嫌だったようです。
「大人と話しているほうがよい!」「勉強の時間はいいんだけれど、休み時間が嫌!」って言っていました。
 
幼い時の家庭環境に少し問題があり、ある錯覚をしていたのですが、
それには気づいていなかったのです。
 
すみません、少し話が別の方向へ行ってしまって。
ある錯覚も分析をすると長くなりますので、話を本題に戻します。
 
(勉強方法)
------------------------------------------------------------------------------
○○さんは物事を深く考えることができる、感情豊かな頭の良いお子様だと思います。
 
今は家庭で学習なさっている状態ですから、CDロムとかビデオを利用なさるのが、学習しやすいのではないかと思います。
 
今現在どのような学習方法をなさっているのか、少し知りたい気もしますが、各教科の勉強方法をできるだけ具体的に述べてみたいと思いますので、参考にして下さい。
 
<英語>
まず教科書中心に学習するのがいいと思います。
私が教えていたときは、教科書の本文の暗唱と筆記を中心にしていました。
もちろん文法事項は知っていなければなりませんが。
 
Unitごとに本文を暗記し、暗記した文がすぐに書けるようにするのです。
これが英語学習のいちばんいい方法です。
 
@何回もすらすら読めるようになるまで本文を読む。
  それには、TDK教科書CD・DVD または TDK教科書ビデオ などを利用して
  どう発音するのか・どのようなイントネーションで読めばいいのかを何回も聞いてください。
  両教材には文法事項・英文の意味の説明もありますから安心です。
 
  そして、何回も読む練習をしてください。
  http://www6.big.or.jp/~1happy/TDK-DVD.htm
 
  http://www6.big.or.jp/~1happy/TDKcd.htm
 
  http://www6.big.or.jp/~1happy/tdkeigo.htm
 
A次に、ノートの左側に英語、右側にその訳を書きます。
 英語の文を見ればすぐに訳がわかり、また訳した日本語を見ればすぐに英語が言え、
 書けるようになるまで練習する。
 
B最後にノートを閉じ、言いながらUnit全文を白紙の紙に書いてください。
 
 単語も熟語も文章の中で覚えてしまうのが一番効率的です。
 
  そして問題練習はグレイド5の英語をなさるのがいいと思います。
   http://www6.big.or.jp/~1happy/Rgrade5.htm 
  この問題集に出てくる単語もできるだけ文章の中で覚えるようにしてください。
  英作文ができるかどうか、これが英語のKEYとなります。
 
<数学>
 
この教科こそ聞きたいです「今どうしていますか?」「どこでつまずいていますか?」って。
 
でも、不登校の方も比較的多く利用なさっている教材があります。
それは、Vメイトです。http://www6.big.or.jp/~1happy/VmateT.htm
 
数学は自分に正直になって、わからないところまで戻り、一つ一つ積み上げていかなければなりません。
音声と動画で説明し、基礎から順番に説明してくれていますので、わかりやすいと思います。
また、問題がプリントアウトできますので書いて考えることも可能です。
 
初めての数学の分野を文字と表だけの教材で理解するのは大変です。ぜひお勧めします。
Vメイトは授業の再現ができます。
 
また、数学はある程度の問題量もこなさなければなりません。
Vメイト練習量だけで少ないと思われたら、グレイド5の数学をご利用ください。
http://www6.big.or.jp/~1happy/Rgrade5.htm
 
どこの高校でも対応できる実力をつけることができます。
 
間違った問題は、解答を見て必ずやり直すこと。そして、次の日にまた解いてみること。
一番わかったつもりになりやすいのが数学です。わかったつもりとわかるとの間には大きな差があります。
 
本当にわかったものは少し形が変わっていても、応用力を働かせることができます。
それには練習量が必要です。
 
数学で難しい問題といわれているものは、基礎と基礎との組み合わせが多い問題のことです。
そのためには、基礎的なことを確実に1つ1つ理解して進むことが大事です。
 
<国語>
国語力・読解力はあるように思いますが、入試問題となるとまた違った要素が必要になってきます。
何が異なるのかといいますと、問題に表されている文のみで問いに答えるという点です。
問題文として表れていない文の前後は全く関係がないとしてしまうのです。
 
だから、問題文の作者が問いに答えても、求められている答えとは違ってしまうということも
実際に起こってしまうのです。
 
いろいろな本を読まれて、様々な物の考え方に触れるのはすばらしいことだと思います。
でも入試問題の正解を出すには、実際問題として少しテクニックがいるようです。
 
そのテクニックを知る方法は、ビデオ5の国語 をご覧になるのがいいです。
        http://www6.big.or.jp/~1happy/Rzemi2.htm
 
あるいは、大学入試ゼミのビデオでもいいのではないかと思います。
        http://www6.big.or.jp/~1happy/daigaku2.htm
国語という科目は年齢はあまり関係ないのです。
どれだけ本を読んでいるか、物事をどれだけ論理的に捉えることができるかが大事なのです。
だから、文章の中に感情移入してしまうと、正解から離れていってしまうことがよく起こります。
 
また、問題練習はグレイド5の国語をなさるのがいいと思います。
        http://www6.big.or.jp/~1happy/Rgrade5.htm
 
 
 
<理科・社会>
これもVメイトをお勧めします。
といいますのは、コンピュータ画面上で実験・観察・シュミレーション等がなされているからです。
            http://www6.big.or.jp/~1happy/VmateT1.htm
 
特に理科の実験などは読むだけでは理解できないものです。
実際に見る、できることならやってみるこれが1番です。
 
理科辞典、地理・歴史・公民とも辞典が完備されていて非常にわかりやすいのではないかと思います。  
 
Vメイトをご覧になっていて、興味のわいた分野をインターネットでもっと詳しく調べる、
また、その分野に関する本を買ってきて読まれるとさらに深く理解することができると思います。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
参考になったでしょうか?
Vメイトに関しましては、体験版がございますので、ご住所をお知らせ頂ければ郵送いたします
 
きっと今、これからの人生を生きていく上で、たくさんの大事なことを吸収なさっていることと思います。
 
そして、私も少しでもお役に立てるならうれしく思います。




   どうしたら、自分で計画性を持って学習できるの?
     
飽き性ですが、どうしたら勉強が長続きするの?     
     
不登校の学習方法。
     
どうすれば、毎日勉強する習慣がつくの?
      短い時間でできる、効率のよい5教科の勉強方法・学習計画の立て方。
     
なかなか「やる気」が出ない。
      集中力をつけさせたい、やる気を起こさせたい。
     
勉強が手につかない。
     
学習意欲を持たせたい。

 幼児の部屋  小学生の部屋  中学生の部屋  高校生の部屋  ママの部屋  リンクの部屋