英語教材・絵本・物語・ビデオをはじめ乳児期から高校生までの特長が異なる教材を、ママ・パパ必見のハピネス スクール
 ことばって?1   ことばって?2   英語学習  幼児・子供英語の部屋
脳に必要がないと判断された認識能力は衰えていくと先ほど書きましたが、人間の耳に聞き取れる音の範囲はどれぐらいなのでしょうか?その周波数の範囲は約16ヘルツ〜1万6000ヘルツぐらいと言われています。

周波数というのは1秒間に振動する回数のことで、例えば100ヘルツというのは1秒間に100回振動していて、その振動が音として耳に伝わり聴覚神経を通って脳に入り、何の音なのかがわかります。

それでは、日本語と英語の周波数、特に優先的に使われる周波数(
パスバンド)はどうなっているのでしょうか。

       日本語 125ヘルツ 〜 1500ヘルツ 
 

       
英 語 : 2000ヘルツ 〜 1万2000ヘルツ

ずいぶん違いますね。

日本語は母音中心の低周波、英語は子音中心の高周波だから、このような現象が起こるのですが、英語の場合は2000ヘルツ以上の周波数の音声に言葉の意味があり、日本語は1500ヘルツ以下の周波数の音声に言葉の意味があるということなのです。

また、このパスバンドは生後10歳・11歳ぐらいまでに基本的な聴覚として出来上がってしまい、一般に日本人の脳では2000ヘルツ以上の音は言語ではない音として脳で処理されてしまいます。

例えば、虫の音に日本人は風流さを感じられるのに、欧米人はうるさい騒音と感じてしまうのですね。それは、虫の音の高周波数が言語の周波数の間にあるのかないのかの違いなのです。

しかし、今後ますます国際語として必要になる英語、その英語を早くから始めようとなさる場合には、まず聴ける耳に保つこと、聴ける脳に保つこと、「脳に必要な神経細胞だから無くさないで!」と教えてやること、が大切ではないかと思うのです。

そして、虫の音も風流だと感じられる心(脳)、2000ヘルツ以上の音にも言語としての意味があるのだと認識できる心(脳)を持っているに越したことはありません。125ヘルツ〜1万2000ヘルツを使い分けられる、ゆとりのある脳を持って頂きたく思います。

早い時期から英語を始められると、お子様の話される美しい英語の発音にきっと驚かれるでしょうし、もう実感されている方も多いのではないかと思います。

それは、聴ける耳になっているからなのですし、人間は聴くことができた音しか発声することができないものです。(そう思います。)

ちなみに、英語の高い周波数をカットしてみると、日本人にはとても聞きやすくなるのだそうです。(^^)


  言 語          パスバンド 
  日本語    125ヘルツ 〜 1500ヘルツ
  英 語    2000ヘルツ 〜 1万2000ヘルツ
 イタリア語    2000ヘルツ 〜 4000ヘルツ
  ドイツ語    125ヘルツ 〜 3000ヘルツ
  ロシア語    125ヘルツ 〜 8000ヘルツ

もちろん、ご両親のどちらかがネイティブな英語でお子様と会話をなさる場合は、「ことば」のところでも書きましたように、好きな人と通じ合いたいという強い気持から、日本語(母国語)と同じように英語を獲得されることでしょう



 ことば2                               子供・幼児英語の部屋へ 

 教育って?  プレママ期  0〜1歳頃  1歳頃〜  ママの部屋  子供・幼児英語の部屋
 2歳頃〜  3歳頃〜  4歳頃〜  5歳頃〜  幼児の部屋  天才児を育てた教育